福島の山々 >> 南西部 >> 甲子山・旭岳(赤崩山) (1549,1835.2m)  
国道289号線を分断している甲子峠の南側に位置する。甲子連峰を代
表する秀峰。旭岳は赤崩山ともいう。一帯は山菜採り・きのこ狩りで訪
れる人が多い。特に6月前半頃はチシマザサ(別名:ネマガリダケ、サ
サダケ)採りの人で賑わうが、登山者は比較的少なく静かな山登りが楽
しめる。秋の黄葉も見事。体力と時間に余裕があれば、北の大白森〜小
白森山〜二岐山、南の三本槍岳方面への縦走コースも選択できる。

● 福島の山々 ・・・ 南西部の地図はこちら  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 旭岳の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:甲子山 
● 市町村のサイト ・ 西郷村  下郷町
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
甲子山・旭岳(赤崩山)
うつくしま百名山 会津百名山

    交通:会津鉄道「会津下郷」駅よりタクシー利用
     ※タクシーの場合は悪路のため甲子峠まで行けるか要確認
マイカー:国道121号線会津下郷より国道289号線に入る
     林道「甲子線」終点の甲子峠に駐車スペースがある
所要時間:甲子登山口(50分)甲子山山頂(1時間20分)旭岳山頂

国道121号線会津下郷より国道289号線に入る。 2002年8月現在、一般車両は白河方面へ通り抜けできないので注意。 (現在、甲子温泉方面へ抜けるトンネルが工事中。開通が待たれる。) 工事現場付近では南側に三本槍岳〜三倉山本峰が美しい山容を覗かせる。 南倉沢地区を抜け暫くすると、林道「甲子線」となり4Km程で甲子峠。 峠までは所々道が荒れた所がある為、通行には十分注意してください。 甲子峠の南側が登山口となる。

[追加] 2008年10月20日時点。2008年9月21日に甲子トンネル(4345m)と甲子大橋(199m)を含む難工事区間(第2工区)が供用開始され、 甲子道路(国道289号線)の全線供用が開始され1ヶ月が経ちました。 秋の紅葉シーズンということもあり土日は通行車両の極端な増加が見られ、一日5000台以上の車両が通行。 今までは県南と南会津は羽鳥湖を通る国道118号のみでしたが、これからは国道289号線も大いに活用したいものです。 甲子大橋付近は10月下旬頃が紅葉の見頃となる。なお、旧道も登山時にはまだまだ役立ちますのでお忘れなきように。

三本槍岳・三倉山方面 林道「甲子線」 登山口(甲子峠)
三本槍岳・三倉山方面 林道「甲子線」 登山口(甲子峠)


30分程歩くと甲子温泉(左)と甲子山山頂(右)への分岐がある。 雑木林の中、徐々に急になるがトラロープ頼りの急登も長くは続かず山頂へ出る。 途中、クロベの大木が見事。山頂は狭いが中々の眺望である。南側にはこれから 登る旭岳(赤崩山)のどっしりとした山容の全体を確認できるので、大よその ルートをここでイメージしておける。

分岐 甲子温泉方面 甲子山頂方面
分岐 甲子温泉方面 甲子山頂方面
トラロープ頼りの急登 甲子山山頂 旭岳(南)
トラロープ頼りの急登 甲子山山頂 旭岳(南)


甲子山から15分程歩くと分岐がある。旭岳へはトラロープや枝で通行止めになっている方へ進む。 分岐から5分程歩くと水呑場への分岐がある。水呑場までは往復15分程度。水量はあまり多くないが 真夏でも冷たい水を味わえる。水呑場から少し下りた所には沢もある。 水呑場への分岐から10分程で坊主沼方面と旭岳山頂方面の分岐があるので旭岳山頂方面 へ進む。所々トラロープ頼りの急登や難所があり汗を絞られる。 水呑場から先は踏み跡が不明瞭な箇所や荒れた箇所、滑り易い箇所、 藪漕ぎが必要な箇所等があるので十分注意してください。

登山道 分岐 旭岳への登山道
登山道 分岐 旭岳への登山道
水呑場への分岐 水呑場 トラロープ頼りの急登
水呑場への分岐 水呑場 トラロープ頼りの急登


藪漕ぎと山頂直下の急登で汗を絞りとられ坊主沼を南側の山腹に確認できる頃、 振り返ると北側には先ほど登ってきた甲子山の奥に二岐山や大白森山、鎌房山の 見事な山並みを見渡すことができ、しばしの間疲れを忘れさせてくれる。

藪漕ぎが必要な登山道 旭岳山頂直下 坊主沼
藪漕ぎが必要な登山道 旭岳山頂直下 坊主沼
二岐山方面(北) 甲子山・大白森山方面(北東) 鎌房山方面(東北東)
二岐山方面(北) 甲子山・大白森山方面(北東) 鎌房山方面(東北東)


坊主沼への分岐地点から50分程で山頂。山頂は小狭いが360度の大パノラマが 楽しめる。北には二岐山や大白森山・小白森山、鎌房山。 (気象条件がよければ飯豊連峰や吾妻・安達太良連峰なども見渡せる。) 南には赤面山や三本槍岳、三倉山を見渡せる。

山頂近くの登山道 山頂 三角点
山頂近くの登山道 山頂 三角点
二岐山方面(北) 大白森山・小白森山方面(北東) 鎌房山方面(東北東)
二岐山方面(北) 大白森山・小白森山方面(北東) 鎌房山方面(東北東)
赤面山方面(南東) 三本槍岳方面(南) 三倉山方面(南西)
赤面山方面(南東) 三本槍岳方面(南) 三倉山方面(南西)


甲子峠登山口〜甲子山までの登山道沿いの花々。日の当たる岩場にはウスユキソウや ホツツジ、シモツケの群落がある。日陰ではアジサイやカニコウモリを時々見かける。

ウスユキソウ(7〜8月) ヤマアジサイ(7〜8月) カニコウモリ(8月)
ウスユキソウ(7〜8月) ヤマアジサイ(7〜8月) カニコウモリ(8月)
クガイソウ(7〜8月) ホツツジ(8月) シモツケ(7〜8月)
クガイソウ(7〜8月) ホツツジ(8月) シモツケ(7〜8月)


甲子山〜旭岳までの登山道沿いの花々。山頂直下の岩場にはソバナやフウロソウ、 オトギリソウの可憐な花を観賞できた。尾根下にはシシウドの白く大きな花が多 く見られた。

ミヤマカラマツ(7〜8月) コバギボウシ(7〜8月) オタカラコウ(7〜8月)
ミヤマカラマツ(7〜8月) コバギボウシ(7〜8月) オタカラコウ(7〜8月)
ソバナ(8〜9月) フウロソウ(7〜8月) オトギリソウ(7〜8月)
ソバナ(8〜9月) フウロソウ(7〜8月) オトギリソウ(7〜8月)
オヤマリンドウ(8〜9月) シシウド(8〜9月 オクトリカブト(8〜9月)
オヤマリンドウ(8〜9月) シシウド(8〜9月) オクトリカブト(8〜9月)


甲子山山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら

旭岳(赤崩山)山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.