福島の山々 >> 南東部 >> 水石山 ・ 閼伽井嶽 (735.2,603.8m)  
どっしりした貫禄のある山容の水石山はいわき市のシンボル的な存在の
山で、中心市街地の北西側に位置する。開放的で広い山頂は水石山公園
として整備されており、憩いの場として市民に広く親しまれている。1
950年代はゴルフ場もあった程の広い山頂一帯は芝で覆われ馬の放牧
場ともなっている。一方、閼伽井嶽は、山頂直下に東北有数の古刹であ
る閼伽井嶽薬師(正式名称:水晶山玉蔵院常福寺)があり、正月三ヶ日
は初参りの人々で混雑する。水石山、閼伽井嶽とも山頂直下まで車で手
軽に登れるが、たまには自然に浸りながらゆっくりと歩いて登っていた
だきたい。

● 福島の山々 ・・・ 南東部の地図  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 水石山・閼伽井嶽の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:水石山 
● 市町村のサイト ・ いわき市
● 観光協会等 ・・・ いわき市観光物産協会
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
うつくしま百名山

    交通:JR常磐線「いわき」駅よりタクシー利用
マイカー:登山口付近に若干の駐車スペースあり
所要時間:成沢登山口(50分)水石山・閼伽井嶽分岐(20分)閼伽井嶽
     ※以下のようなルートがあるので組み合わせて登ると楽しめる
     ※作業道等も交差し分かり難い箇所もあるので注意

   [ 1]成沢登山口 ---> (閼伽井嶽・水石山分岐)
   [ 2](閼伽井嶽・水石山分岐) ---> 閼伽井嶽
   [ 3](閼伽井嶽・水石山分岐) ---> 水石山
   [ 4]林道曲ブナ線終点 ---> 水石山
   [ 5]林道曲ブナ線終点 ---> (剣ヶ峰・水石山分岐)
   [ 6]小玉ダム登山口 ---> 剣ヶ峰 ---> (剣ヶ峰・水石山分岐)
   [ 7](剣ヶ峰・水石山分岐) ---> 剣ヶ峰
   [ 8](剣ヶ峰・水石山分岐) ---> 水石山
   [ 9]好間地区参道入口 ---> 薬師堂
   [10]赤井地区参道入口 ---> 薬師堂
   [11]薬師堂 ---(鐘楼堂傍からの登山道を経由)---> 閼伽井嶽


[1] 成沢登山口 ---> (閼伽井嶽・水石山分岐)

いわき市街地から鉱泉「成沢の湯」を目指す。 「成沢の湯」の西側を流れる成沢川に架かる成沢橋を過ぎると登山口がある。 「赤井嶽水石山 自然観察路入口」と書かれた古びて朽ちかかった看板が地面に置かれていた。 登山口から杉林の中の作業道を登り、沢の左側を100m程歩くと田んぼ(棚田) のあぜ道。間もなく雑木林の中の快適な登山道となる。

鉱泉「成沢の湯」 成沢橋 成沢登山口
鉱泉「成沢の湯」 成沢橋 成沢登山口
登山道1 登山道2 登山道3
登山道1 登山道2 登山道3


徐々に沢を離れ杉林の中の薄暗い中を歩くが、また徐々に沢に近づき暫くは沢を 右下に見ながら登る。やがて沢の右側に渡り今度は沢を左下に見ながら登る。 やがてアセビやもみの木に植生が変化し、笹薮の中の登山道にかわると間もなく 県道133号線(赤井停車場線)の閼伽井嶽・水石山分岐(T字路)に到着する。

[参考] 県道付近でヤマドリの雄と出合った。 こちらがカメラを向けても威風堂々としていた。長く美しい尾である。 小倉百人一首の「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」(柿本人麻呂)のヤマドリだろうか。 水石山で何度か見かけているがカメラで撮影できたのは初めてなので嬉しい。 狩猟鳥獣として人気があり県や関係団体が放鳥して個体数の維持に努めているようだが、 阿武隈山系でもヤマドリの個体数が減少しつつあるのかもしれない。

登山道4 登山道5 ヤマドリの雄
登山道4 登山道5 ヤマドリの雄

このページのトップへ


[2] (閼伽井嶽・水石山分岐) ---> 閼伽井嶽

[1]に記載したコースの終点が[2]の始点となる閼伽井嶽・水石山分岐地点であ る。ここは車でも簡単に登れる。県道133号線(赤井停車場線)を合戸(ご うど)地区または赤井地区より登ると閼伽井嶽(赤井岳)と水石山の分岐の標 識のあるT字路に出る。ここが閼伽井嶽・水石山分岐地点である。近くには車 1〜2台程度の駐車スペースがある。T字路から南東側の閼伽井嶽山頂に延び る登山道がある。最初は笹薮だが次第に笹薮は消えアセビとモミの木の目立つ 登山道となる。やがて笹薮がまた目立ち始めると間もなく三角点のある山頂と なる。山頂からの視界は木々に遮られて全く無い。ここから南側へ延びる登山 道は薬師堂へ至る。

閼伽井嶽・水石山分岐 駐車スペース 登山口
閼伽井嶽・水石山分岐 駐車スペース 登山口
登山道 閼伽井嶽山頂 三角点
登山道 閼伽井嶽山頂 三角点

このページのトップへ


[3] (閼伽井嶽・水石山分岐) ---> 水石山

閼伽井嶽・水石山分岐地点([2]を参照)より北東へのびる車道を登る。所 々は車道を離れて踏み跡のある登山道を歩くことも可能。山頂の駐車場手前に ある水石は常にその上部の窪みに水が溜まっており、水石山の山名の由来とも なったといわれる。その昔は雨乞いの神事が行われたようである。水石の下に は合戸地区の住民により水石龍蔵権現の社が建てられている。二等三角点のあ る広大な山頂には展望台や各種通信施設が建設されている。また毎年4月頃に なると馬も放牧される。以前はこの山頂をトテ馬車と呼ばれる馬車が観光客を 乗せて歩く姿も見られた。現在は馬の数も一昔前よりかなり減少しているので あろう。

閼伽井嶽・水石山分岐 車道 山頂駐車場
閼伽井嶽・水石山分岐 車道 山頂駐車場
広大な山頂 展望台 展望台近くの三角点
広大な山頂 展望台 展望台近くの三角点
水石と龍蔵権現 水石上部に溜まった水 通信施設
水石と龍蔵権現 水石上部に溜まった水 通信施設

このページのトップへ


[4] 林道曲ブナ線終点 ---> 水石山

水石山東側の林道曲ブナ線を終点まで進むと駐車スペースがある。この奥の雑 木林の中の径を登る(登山道1)。少し進むとガレ場となる(登山道2)が、 そのまま沢に沿うように登っていく。(※右に踏み跡があるが、その先は[5]で 説明する剣ヶ峰方面なので、ここでは進まないように注意。) 少し進み沢の水量が少なくなった辺りで沢を渡り(登山道3)、沢から遠ざか るように雑木林中の径を登っていく(登山道4)。少しすると杉林の中の作業 道へと変わる(登山道5)ので地図とコンパスを確かめて道に迷わないように 注意して進むと、ふたたび雑木林となり(登山道6)、やがて山頂一帯の芝生 が目にはいってくる。

林道曲ブナ線 林道曲ブナ線終点 登山道1
林道曲ブナ線 林道曲ブナ線終点 登山道1
登山道2 登山道3 登山道4
登山道2 登山道3 登山道4
登山道5 登山道6 芝に覆われた山頂
登山道5 登山道6 芝に覆われた山頂

このページのトップへ


[5] 林道曲ブナ線終点 ---> 剣ヶ峰・水石山分岐

林道曲ブナ線終点([4]を参照)より[4]と同様に登山道に入るが、程なくして右側(北)へ 進路をとる(登山道1)。最初は踏み跡は目立たないが途中踏み跡がはっきりしてくる(登山道2)。 踏み跡や赤ペンキや赤テープを参考にしながら地図で時々位置を確認しながら進むと、 林道終点より30分ほどで剣ヶ峰・水石山分岐地点へ到達する。そのまま直進(北)すれば剣ヶ峰や小玉ダム、 左折(西)すれば水石山である。

登山道1 登山道2 剣ヶ峰・水石山分岐
登山道1 登山道2 剣ヶ峰・水石山分岐

このページのトップへ


[6] 小玉ダム登山口 ---> 剣ヶ峰 ---> (剣ヶ峰・水石山分岐)

小玉ダム西端のキャンプ場トイレ近くにある登山口から入り、急な尾根に とりついて登り始める。尾根を見失うことなく確実に登って高度を着実に 稼いでいけば、1時間前後で三角点のある剣ヶ峰である。残念ながら雑木 林に囲まれ展望は殆んどない。 ここから南へ10分程で剣ヶ峰・水石山分岐([5]を参照)である。

[参考] 天平6年(734年)、源観という西国の高僧が剣ヶ峰に草庵を結び薬師如来立像を安置して祈りを捧げたところ、 当時流行していた疫病から人々が救われたという。その72年後、徳一大師も大同元年(806年)に訪れて、剣ヶ峰は険峻過ぎるとの判断から、 常福寺が赤井岳の山腹に建立されることとなった。(徳一が訪れたのは大同二年(807年)とする説もあり)

剣ヶ峰 小玉ダムとキャンプ場 登山口(右手の踏み跡)
剣ヶ峰 小玉ダムとキャンプ場 登山口(右手の踏み跡)
尾根のとりつき 剣ヶ峰 三角点
尾根のとりつき 剣ヶ峰 三角点

このページのトップへ


[7] (剣ヶ峰・水石山分岐)---> 剣ヶ峰

剣ヶ峰・水石山分岐([4][5]を参照)から10分程北へ進むと剣ヶ峰([6]を参照)である。 剣ヶ峰は鉄鉱石の鉱床があり大正時代〜昭和20年頃までは採掘が行われていたが、 今ではその形跡がわずかに残る程度となっている。

剣ヶ峰・水石山分岐 登山道 剣ヶ峰
剣ヶ峰・水石山分岐 登山道 剣ヶ峰

このページのトップへ


[8] (剣ヶ峰・水石山分岐)---> 水石山

剣ヶ峰・水石山分岐([4][5]を参照)から西へ進む(登山道1)。最初はアセビの目立つ 雑木林であるが、やがて放牧野の柵のばら線沿いの歩きとなる(登山道2)。しばらくし て杉林の中を通るようになり、剣ヶ峰・水石山分岐から30分ほど経った頃、芝生の広が る山頂北側へ出る(登山道3)。ここから200m程南には航空管制用と思われる先端が ドーム型の2本の通信タワーが建っている。

登山道1(コース入口) 登山道2 登山道3(コース出口)
登山道1(コース入口) 登山道2 登山道3(コース出口)

このページのトップへ


[9] 好間参道入口 ---> 薬師堂

好間町北好間下ヶ屋敷地区の市道終点より登る。終点には大山祇神社 があり、大杉に注連縄がしてある。参道としての古い歴史を感じさせる。 登山道は最初は緩やかだが、まもなく「七曲り」といわれる斜度のきつ い九十九折の道となる。しかし、きつい急登も長くは続かず、杉や桧、 モミの見事な大木が目立つようになる。程なくして閼伽井嶽薬師の 太子堂弘法水が目に入ってくる。「ふくしまの水30選」(ふるさとの泉)に選ばれている名水。 さらにその先の階段を登り本堂へたどり着く。

[参考] 閼伽井嶽の閼伽とは「仏前に供える水」であり、閼伽井は仏前に供える水を汲む井戸のこと。 ここの太子堂弘法水が閼伽井嶽という山名の縁起だろうか。

登山口・駐車スペース 注連縄 大山祇神社
登山口・駐車スペース 注連縄 大山祇神社
登山道1 登山道2(七曲り) 登山道3(太子堂弘法水)
登山道1 登山道2(七曲り) 登山道3(太子堂弘法水)
登山口4(コース終点) コース出入口 薬師堂(本堂)
登山口4(コース終点) コース出入口 薬師堂(本堂)

このページのトップへ


[10] 赤井参道入口 ---> 薬師堂

県道133号線(赤井停車場線)の赤井地区にある旧参道入口 より登り始める。その少し手前の延命地蔵と待人堂展望台のある 所に案内板(赤井嶽旧参道森林浴遊歩道略図)があるのでここで ルートを確認されるとよい。旧参道入口に入ると直ぐに左に道が あるがこれは滝不動経由の道。旧参道は直進する。

延命地蔵 待人堂展望台 案内板
延命地蔵 待人堂展望台 案内板
旧参道入口 滝不動経由登山道(左) 旧参道(直進)
旧参道入口 滝不動経由登山道(左) 旧参道(直進)


旧参道入口を左に進むと滝不動経由の道となる。滝不動までは少々下る。 まずは地蔵様が迎えてくれる。その先には水量は多くないが結構な落差 の荒澤滝があり、その左側に滝不動が建っている。滝不動の左側から登山道 を登り始める。樹齢500年といわれる杉や桧が迎えてくれる。40分 程登ると竹林となり、竹林をぬけると赤井嶽薬師の駐車場へ出る。

[参考] 荒澤滝では行者による水行が行われる。太平洋戦争中は出征兵士の武運長久を祈って 一般の方々も水行を行ったという。戦争で亡くなられた多くの方々の御霊の安らかなることを祈って拝礼する。

地蔵様 滝 滝不動
地蔵様 荒澤滝 滝不動
樹齢500年の大杉 竹林 赤井嶽薬師の駐車場
樹齢500年の大杉 竹林 赤井嶽薬師の駐車場


旧参道入口を直進し旧参道を進む。すぐに首なし地蔵が迎えてくれる。 暫くすると左手に清水が現れるが、水量が少ないのであまりあてに しない方が無難。杉と桧の大木の中をさらに登ると右手に亀の子石 その少し先に行くと三十三観音の石碑群を拝顔できる。さらに登ると 竹林となり、竹林をぬけると赤井嶽薬師の駐車場へ出る。旧参道入口 より30分前後である。

[参考] 昭和8年に出火し、折からの強風にあおられて奥の院を除く大部分の建物が灰燼となった。 建物の配置のほかに、山腹にある為に消火用水が不足したことも大火になった要因だという。現在の本堂は閼伽井嶽の檜を使って昭和17年に復興したもの。

首なし地蔵 清水 杉と桧の大木
首なし地蔵 清水 杉と桧の大木
亀の子石 三十三観音の石碑群 竹林と立派な石段
亀の子石 三十三観音の石碑群 竹林と立派な石段
赤井嶽薬師の駐車場 駐車場から見た参道出入口 閼伽井嶽薬師(本堂)
赤井嶽薬師の駐車場 駐車場から見た参道出入口 閼伽井嶽薬師(本堂)

このページのトップへ


[11] 薬師堂 ---> 閼伽井嶽

閼伽井嶽薬師本堂左側の鐘楼堂近くの儒仏の奥が登山口である。ここ から左下の真新しい多宝塔を見ながら踏み跡を進んでいく。 アオキやアセビ、モミの木が目立つ九十九折の登山道は途中、木々が倒れ 少々荒れているところもあるが一部である。30分前後で三角点のある 閼伽井嶽山頂となる。山頂から西へ延びる踏み跡は、県道133号線 (赤井停車場線)の剣ヶ峰・水石山分岐地点へ至る。

[参考] 閼伽井嶽の山頂には石組の遺構が見られ、源観上人(現観上人)が経塚を埋めたという伝承も残る。 興味のある方は訪れてみてはいかがだろうか。

鐘楼堂 儒仏 登山口
鐘楼堂 儒仏 登山口
多宝塔 登山道 閼伽井嶽山頂
多宝塔 登山道 閼伽井嶽山頂

このページのトップへ


水石山・閼伽井嶽は牧草地、露岩帯、雑木林、杉林・桧林、沢など変化に 富んだ環境から多様な植生がみられる。5月は次のような草花が目立った。

フデリンドウ チゴユリ ヒメシャガ
フデリンドウ チゴユリ ヒメシャガ
ケヤマウツボ ホウチャクソウ フジ
ケヤマウツボ ホウチャクソウ フジ



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.