福島の山々 >> 南西部 >> 七ヶ岳 (1635.8m)  
言わずと知れた会津地方の名峰。南会津町のシンボル的な山で、その名
の通り一番岳から下岳(七番岳)までの七つの峰が連なる。日本三百名
山東北百名山うつくしま百名山会津百名山に選定されており、会
津鉄道の駅名(会津七ヶ岳登山口駅)にもなっている。山頂や縦走路か
らの雄大な展望は実に見事。主な登山口は5箇所。沢沿いのコースや縦
走コースなど登山コースも幾つかあり季節を通じて何度も楽しめる。

● 福島の山々 ・・・ 南西部の地図  登山ルートと放射線量マップ
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 七ヶ岳の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:糸沢 
● 市町村のサイト ・ 南会津町
● 観光協会等 ・・・ 南会津町観光物産協会  舘岩観光センター
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
七ヶ岳
日本三百名山東北百名山うつくしま百名山会津百名山

    交通:会津鉄道「会津山村道場」駅より長沢林道または高倉山林道経由で、徒歩1時間30分程で古内(古今)登山口
     会津鉄道「会津荒海」駅より、富貴沢林道経由で、徒歩1時間30分程で下岳登山口
     ※古内(古今)登山口から徒歩20分で下岳登山口、下岳登山口から徒歩30分で黒森沢登山口
マイカー:黒森沢登山口(護摩滝登山口)付近に広い駐車スペースあり
所要時間:黒森沢登山口(1時間20分)護摩滝(1時間)山頂(1時間20分)下岳(40分)下岳登山口
他登山口:たかつえスキー場登山口、古内登山口(古今登山口)下岳登山口羽塩登山口
  山開き:毎年6月第1日曜日 第3日曜日(残雪を考慮し2007年から変更)
     ※問合せ:南会津町観光物産協会 田島観光センター(0241-62-3000) 舘岩観光センター(0241-64-5611)
     ※福島県内の山開き日程の一覧


黒森沢登山口(護摩滝登山口)(登山口標高:約1025m、所要時間:山頂まで2時間20分)

広域基幹林道「七ヶ岳」線が黒森沢と交錯する所に刈野畑橋(かのはたはし)がある。 刈野畑橋から北へ50mほどの所に黒森沢登山口(護摩滝登山口)がある。 登山口の前には広い駐車スペース(広場)がある。 黒森沢登山口からは黒森沢方向に延びる作業道を登っていく。 20分ほど歩くと作業道が右カーブする所に護摩滝入口があるので、 ここで広い作業道を離れてぬかるんだ登山道を登っていく。

刈野畑橋 黒森沢登山口(遠景) 黒森沢登山口
刈野畑橋 黒森沢登山口(遠景) 黒森沢登山口
駐車スペース 作業道を歩く 護摩滝入口
駐車スペース 作業道を歩く 護摩滝入口
指道標 護摩滝入口(振り返って) ぬかるんだ登山道
指道標 護摩滝入口(振り返って) ぬかるんだ登山道


指道標に従いながら小沢と二度ほど交錯しダケカンバ林を過ぎると黒森沢へ降り立つ。 渡渉して右岸をすこし登った後、ガレた沢の中をバランスに注意しながら10分ほど登ると護摩滝。 扇状に広がった三段20mほどの美しい滝。 フィックスロープが随所にあるので通常の登山靴でも登れるが、沢登り用のシューズの方がより安全だろう。

[参考] 滑るのが心配な場合は、沢登り用シューズや渓流タビ、ワラジの使用をお勧めします。特に下りの場合は注意が必要です。 一時的には、登山靴に荒縄やタオルを巻いたり軍足をかぶせると滑り難くなります。濡れた時の替えの衣類も用意しておくと安心です。

指道標 小沢と交錯 ダケカンバ林
指道標 小沢と交錯 ダケカンバ林
黒森沢に降りる 沢を渡渉 右岸を少し登る
黒森沢に降りる 沢を渡渉 右岸を少し登る
沢の中を登る ダイモンジソウ(9月中旬) 護摩滝
沢の中を登る ダイモンジソウ(9月中旬) 護摩滝


護摩滝は三点確保もし易くフリクションもあるので比較的登り易いが、 左岸に巻き道もあるので状況に応じて利用したい。 三つ目のテラスまで登ると左岸から巻き道を合わせる。 ここからは斜瀑に変わるがまだ所々滑り易いので注意しながら登る。 長い斜瀑が終わると平坦な流れにかわり暫くすると沢を離れ左手の枯沢を登る。 沢を離れてから15分ほどで尾根。ここでたかつえスキー場からのコースに出合う。

左岸に巻き道 フィックスロープを頼りに登る 巻き道を合わせる
左岸に巻き道 フィックスロープを頼りに登る 巻き道を合わせる
下流方向の眺め ロープを頼りにさらに登る トリカブト(9月中旬)
下流方向の眺め ロープを頼りにさらに登る トリカブト(9月中旬)
最後のフィックスロープ 緩やかな流れ 平坦な流れ
最後のフィックスロープ 緩やかな流れ 平坦な流れ
沢を離れ左の枯沢へ 指道標 スキー場からのコースに合流
沢を離れ左の枯沢へ 指道標 スキー場からのコースに合流


尾根を5分ほど登ると山頂(一番岳)。途中、賽の河原で羽塩登山口からのコースを合わせる。 一等三角点のある山頂は小狭いが眺望千里。360度の見事な展望を心行くまで堪能できる。

[参考] 福島県には一等三角点は全部で25箇所、県境(他県所有)も含めると31箇所。 ご興味のある方は福島県の一等三角点一覧をご覧ください。

山頂を目指す 登山道出合い(振り返って) ミヤマコゴメグサ(9月中旬)
山頂を目指す 登山道出合い(振り返って) ミヤマコゴメグサ(9月中旬)
羽塩コースを合わせる 山頂 看板と一等三角点
羽塩コースを合わせる 山頂 看板と一等三角点
北(飯豊連峰、吾妻連峰) 北東(二岐山、那須連峰) 東(男鹿岳、大佐飛山)
北(飯豊連峰、吾妻連峰) 北東(二岐山、那須連峰) 東(男鹿岳、大佐飛山)
南東(釈迦ヶ岳) 南(日光連山) 南西(燧ヶ岳)
南東(釈迦ヶ岳) 南(日光連山) 南西(燧ヶ岳)


山頂(一番岳)での眺望を堪能したら下岳(七番岳)を目指して縦走路を進む。 アップダウンは少し疲れるが、眺望がよく開放的で気持ちよい。 三番岳には明治時代の農商務省山林局の標石が設置されている。 四番岳で上岳(一番岳)方向を振り返る。恐竜かゴジラの背中のような山並みが面白い。

下岳を目指す 二番岳 二番岳山頂
下岳を目指す 二番岳 二番岳山頂
三番岳 三番岳山頂 農商務省山林局の標石
三番岳 三番岳山頂 農商務省山林局の標石
四番岳(1558mピーク) 四番岳山頂 上岳(一番岳)方向を振り返る
四番岳(1558mピーク) 四番岳山頂 上岳(一番岳)方向を振り返る


五番岳の山頂にはイヌガヤの大木。縦走する登山者を出迎えてくれているよう。 樹木に囲まれ展望がよくない六番岳のピークを越えると、目指す下岳が近くに見えてくる。 下岳(七番岳)は看板があり三角点(1509.8m)が設置されている。眺望もよいのでここで小休止。

五番岳 五番岳山頂 六番岳
五番岳 五番岳山頂 六番岳
六番岳山頂 下岳(七番岳) 下岳(七番岳)山頂
六番岳山頂 下岳(七番岳) 下岳(七番岳)山頂
看板 三角点 上岳(一番岳)方向を振り返る
看板 三角点 上岳(一番岳)方向を振り返る


下岳(七番岳)で眺望を楽しみ小休止したら、下岳登山口を目指す。 地図で分かる通りここでピークは終わりではなく、実際にはあと二つの小ピークを越えて行く。 下岳の山頂から30分ほどで古内(古今)登山口を右に分ける。 初めはトラロープ頼りの滑り易い急登だが、次第に斜度は緩くなる。 上岳(一番岳)山頂から2時間ほどで下岳登山口に着く。 黒森沢登山口に車を駐車した場合は、ここから林道を30分ほど歩いて戻る。 オフロードバイクの往来が意外と多いので気をつけたい。

下岳登山口を目指して下る 古内(古今)登山口との分岐 左(下岳登山口方向)
下岳登山口を目指して下る 古内(古今)登山口との分岐 左(下岳登山口方向)
右(古内登山口方向) 下岳方向を振り返る 下岳登山口へ下る
右(古内登山口方向) 下岳方向を振り返る 下岳登山口へ下る
クロベの大木 斜度が緩んで快適な道 下岳登山口に出る
クロベの大木 斜度が緩んで快適な道 下岳登山口に出る

このページのトップへ


古今登山口(古内登山口)(登山口標高:約1085m、所要時間:山頂まで2時間30分)

南会津町の羽塩地区にて阿賀川に架かる七森橋を渡り喜三郎小屋の三叉路を右折して広域基幹林道「七ヶ岳」線を北進。 喜三郎小屋から6kmほど進むと岳越橋(だけこしはし)。岳越橋からさらに1kmくらい北進すると左手に古今登山口(古内登山口)が見えてくる。 林道を挟んで麓の古今地区(古内地区)へ下山するコースの入口を指し示す為だろうか、「古今下山口」と書かれた看板もある。 ここの登山口から50mほど進み左カーブを曲がった所には駐車スペースがあり、林道の開通記念碑も建っている。 南西方向に下岳の眺めがよい。

[参考] ■会津鉄道を利用の場合、「会津山村道場」駅から古今地区を経由して奥会津博物館への道を通り、長沢林道または高倉山林道を利用して七ヶ岳林道に入るのが近い。 林道は分かり難い箇所があるので、事前に地図でルートをよく確認しておきたい。 ■奥会津博物館は奥会津の歴史や文化がよく分かるので時間が許せば立ち寄りたい。奥会津博物館の敷地内にありレストランとして活用されている山王茶屋の建物は、 英国の女性旅行家イザベラ・バードも立ち寄ったかもしれない。 ご興味のある方は、「イザベラ・バード 『日本奥地紀行』 福島県会津地方での行程」をご覧ください。

岳越橋 古今(古内)登山口(遠景) 古今(古内)登山口
岳越橋 古今(古内)登山口(遠景) 古今(古内)登山口
古今下山口の看板 七ヶ岳林道の開通記念碑 駐車スペース
古今下山口の看板 七ヶ岳林道の開通記念碑 駐車スペース

このページのトップへ


下岳登山口(登山口標高:約1095m、所要時間:山頂まで2時間30分)

古今登山口から1.5kmほど北進すると、普通林道「富貴沢」線の青い看板が右手に見えてくる。 左カーブを曲がると三叉路の広場となっており、左手に下岳登山口の白い標柱が立っている。

[参考] 富貴沢林道は会津鉄道「会津荒海」駅から富貴沢に沿って延びる林道。途中、藤生観光わらび園の中を通る。 下岳登山口から徒歩で会津鉄道を目指す場合には富貴沢林道を利用するのも選択肢の一つだろう。

富貴沢林道の案内標識 下岳登山口(遠景) 下岳登山口
富貴沢林道の案内標識 下岳登山口(遠景) 下岳登山口


羽塩登山口(登山口標高:約960m、所要時間:山頂まで2時間20分)

国道121号線の糸沢地区で阿賀川に架かる七森橋を渡り舗装された車道を3.8kmほど進むと七ヶ岳林道の分岐。 喜三郎小屋が立っている。ここの三叉路を右へ行くと古内登山口(6.5km)、下岳登山口(8.1km)、黒森沢登山口(10.6km)。 羽塩登山口は三叉路を1.1kmほど直進する。程窪川に架かる章吾橋のすぐ先が羽塩登山口。 登山口からは南会津でも有数の規模を誇るシラカバを中心とした雑木林の中の歩きとなる。 林の中の登山道は夏でも比較的涼しく、10月下旬は黄葉が見事。

糸沢から望む七ヶ岳 七森橋 林道分岐
糸沢から望む七ヶ岳 七森橋 林道分岐
案内板 喜三郎小屋 羽塩登山口(遠景)
案内板 喜三郎小屋 羽塩登山口(遠景)
羽塩登山口 登山者カード入 登山道
羽塩登山口 登山者カード入 登山道


雑木林の中の登山道を10分ほど歩くと沢と交錯する。 沢沿いの登山道を20分程歩くと平滑沢の沢歩きに変わる。防水のしっかりした登山靴を履いていきたい。 難所にはフィックスロープがあるが、ぬるぬるして滑り易い所もあるので転倒には十分気をつけたい。 1時間程すると沢の源頭部近くで沢を離れ、急登で着実に高度を稼ぐ。

[参考] 滑るのが心配な場合は、沢登り用シューズや渓流タビ、ワラジの使用をお勧めします。特に下りの場合は注意が必要です。 一時的には、登山靴に荒縄やタオルを巻いたり軍足をかぶせると滑り難くなります。濡れた時の替えの衣類も用意しておくと安心です。

沢の右岸を登る 沢の左岸を登る 沢を登る
沢の右岸を登る 沢の左岸を登る 沢を登る
平滑沢 沢の源頭部近く 沢を離れる
平滑沢 沢の源頭部近く 沢を離れる


山頂の直下では岩場に変わり、主尾根に出た所が賽の河原。沢を離れてから40分弱くらい。 ここでたかつえスキー場からのコースや黒森沢(護摩滝)登山口からのコースと合流する。 その昔、幼い子供を亡くした木こりの夫婦がここに亡き我が子の声を聞きに来た…という。 この辺一帯はシャクナゲが自生しており、6月はきれいな花を咲かせる。 東〜南西方面の眺望がよく、釈迦ヶ岳や日光連山、燧ヶ岳などを指呼できる。 腰掛けられる岩がたくさんあるので休憩は山頂よりも賽ノ河原の方がお勧め。 賽の河原の直ぐ上が一等三角点のある山頂(一番岳)。

岩場を登る 賽ノ河原 たかつえスキー場方面
岩場を登る 賽ノ河原 たかつえスキー場方面
釈迦ヶ岳(南南東) 日光連山(南南西) 燧ヶ岳(西南西)
釈迦ヶ岳(南南東) 日光連山(南南西) 燧ヶ岳(西南西)

このページのトップへ



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.