福島の山々 >> 南西部 >> 大戸岳 (1415.9m)  
会津若松市の最高峰で会津盆地の南にどっしりとそびえるとても貫禄の
ある山。かつては修験者の厳しい修行の場だったことも頷ける。阿賀川
沿いの国道121号線を下郷町から会津若松市へ北上する途中、川を挟
んで西の小野岳と東の大戸岳はまるで会津盆地の南門で立ちはだかる仁
王像のような存在である。山開きイベントの時期を除けば訪れる登山者
も比較的少なく静かな登山を楽しめる。一等三角点を有し、登山口から
山頂までの比高が1000m近い為に標高の割に登り応えがある。近く
には芦ノ牧温泉や湯野上温泉があるので時間と予算に余裕があれば利用
したい。6月上旬の新緑や10月下旬の紅葉の時期がお勧め。

● 福島の山々 ・・・ 南西部の地図  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 大戸岳の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:湯野上 
● 市町村のサイト ・ 会津若松市  下郷町
● 観光協会等 ・・・ 会津若松観光ビューロー  芦ノ牧温泉観光協会
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
大戸岳
うつくしま百名山 会津百名山

    交通:JR「会津若松」駅より、会津鉄道または会津バスを利用
     闇川登山口の場合、会津鉄道「芦ノ牧温泉」駅下車、タクシーまたは徒歩1時間30分
     桑原登山口の場合、会津鉄道「芦ノ牧温泉南」駅下車、徒歩5分
マイカー:闇川登山口の場合、闇川地区の闇川ふれあいセンターの先に大きな専用駐車場あり
     桑原登山口の場合、会津鉄道「芦ノ牧温泉南」駅の駐車場を利用
     ※闇川登山口まではマイカー乗り入れが出来ませんのでご注意ください
所要時間:闇川登山口(1時間40分)中ツ手清水(1時間)風の三郎(20分)山頂
他登山口:桑原登山口(桑原コースは2010年以降は整備しないので廃道)
     ※舟子峠登山口、小塩登山口は廃道
 山開き:毎年6月第2土曜日(問い合せ:会津まつり協会 0242-23-4141)
     ※福島県内の山開き日程の一覧

闇川登山口 (登山口標高:約480m、所要時間:山頂まで3時間)

国道118号線沿いには大戸岳への案内板があるが見落としやすいので注意。 昭和シェルのSSと会津バスの「闇川別」バス停が目印となる。 ここから国道を離れて闇川集落を目指す。 闇川集落の中心部には闇川ふれあいセンターがあり山開きの時には集合場所となる。 闇川ふれあいセンターから先に進み、大宮神社を過ぎると右手に登山者が利用できる大きな専用駐車場が見えてくる。 さらに進むと闇川登山口への林道の起点。手前には案内板があるので確認しておこう。 分岐点から1Kmほど林道荒俣線を上っていくと闇川登山口。 登山口から登り始めると直ぐに左側に姥様の石仏が見えてくる。 登山の安全を祈ったら、小荒俣沢の砂防ダムを右手に見送り尾根道を登っていく。 随分イワウチワやショウジョウバカマの葉が目立つ。見頃は残雪のある5月上旬頃だろうか。 6月上旬、タムシバ、クロモジ、ホウノキなどは少々見頃を過ぎたくらいだった。

国道118号線沿いの案内板 闇川ふれあいセンター 闇川集落にある大きな駐車場
国道118号線沿いの案内板 闇川ふれあいセンター 闇川集落にある大きな駐車場
林道の起点(登山口は右へ) 案内板 闇川登山口
林道の起点(登山口は右へ) 案内板 闇川登山口
姥様の石仏 尾根道 イワウチワの目立つ登山道
姥様の石仏 尾根道 イワウチワの目立つ登山道


登山道は明瞭だが、木の根張りが多く足に引っ掛かり易く、また雨の日は非常に滑りやすい。 登山口から1時間20分ほどで5合目。小広い広場になっておりアスナロが目立つ。 以前は尾根上の直登コースと水場経由コースの分岐点だったが、現在は直登コースは藪で廃道に近い。 「水場」の指道標に従って尾根を少し越え、トラバース気味のぬかるんだ登山道を20分ほど登ると中ツ手清水。 山頂まではまだ1時間20分ほどあるのでここで一息いれたい。 急登が終わり、痩せ尾根(俗に言う蟻の戸渡り)の岩場に出るとそこが「風の三郎」である。 大戸岳でここが一番見晴らしがよい。白松沢の大きなスケール感の眺めが見事。(この日はあいにくの曇り空で残念) トラロープが何本もあり少々目障りだが、登山者の安全の為には仕方ない。 6月上旬、アカモノやツガザクラが見頃。 「風の三郎」からゆっくり登って20分ほどで山頂。 山頂は比較的広い。灌木がやや視界をふさぐが、晴れていれば一等三角点にふさわしく、 遠くに飯豊連峰、吾妻連峰、磐梯山、猪苗代湖、那須連峰が望まれる。

[参考] 大戸岳は一等三角点を目当てに訪れる登山者も多い。 福島県には一等三角点は全部で25箇所、 県境の他県所有の三角点を含めると31箇所(福島県の一等三角点一覧)。

五合目分岐付近(清水の看板) ぬかるんだ登山道 中ツ手清水
五合目分岐付近(清水の看板) ぬかるんだ登山道 中ツ手清水
風の三郎 アカモノ ツガザクラ
風の三郎 アカモノ ツガザクラ
白松沢、二岐山、那須連峰 山頂 一等三角点
白松沢、二岐山、那須連峰 山頂 一等三角点

このページのトップへ

桑原登山口 (登山口標高:約460m、所要時間:山頂まで3時間30分)
 登山口(30分)長命水(1時間30分)天狗の休み場(1時間30分)山頂

最寄駅は「芦ノ牧温泉南」駅となる。マイカーの場合は駅前の駐車場を利用させてもらおう。 駅を出て右手に100mほど行くと桑原林道起点。 50mほど進み舗装された林道を離れ左に入り、畑の中の作業道を九十九折りに登っていくと神社が見えてくる。 途中、振り返ると、桑原集落と小野岳の眺めがよい。 桑原登山口は神社に向かって右手の桑原簡易水道施設の手前となる。 杉林の中の薄暗い登山道を登っていく。

[参考] 2010年以降、桑原コースは登山道の整備をせず廃道にすることになったので注意。 2008年には滑落による死亡事故などがあり危険だということであるが、 沢、トラバース道、尾根、岩場、シャクナゲ、ブナ、アスナロなど、 大戸岳の魅力を存分に味わえるこのコースが廃道になるのは本当に残念である。

芦ノ牧温泉南駅 桑原林道起点 桑原集落と小野岳
芦ノ牧温泉南駅 桑原林道起点 桑原集落と小野岳
神社 桑原簡易水道の施設 桑原登山口
神社 桑原簡易水道の施設 桑原登山口


杉林を抜けると雑木林の中のトラバース気味の気持ち良い登山道となる。 新緑や紅葉の季節が特にお勧め。途中、長命水と呼ばれる水場があるので、ここで小休憩。 ここから先、道幅は次第に狭くなってくる。 木道のように整備してある箇所などは損壊や滑落に特に気をつけたい。 やがて沢を(歩行距離にして200m〜300mくらい)登るようになるが、岩や石が滑りやすいので注意。 迷うことは少ないと思うが、所々赤ペンキの矢印があるので参考にできる。 沢を離れると今度はリョウブなどの根張りの目立つトラロープ頼りの急登に変わり汗を絞られる。 途中にある大岩群には「天狗の休み場」という名前が付けられている。 ここから上はアスナロが目立つようになる。かなりの大木もある。樹齢は百年を軽く超えるだろう。 6月上旬、アズマシャクナゲが名残り咲き。見頃は5月下旬頃だろうか。 振り返ると小野岳と若郷湖の眺めがよい。 大戸岳と小野岳の間を流れる阿賀川(大川)にかかる大川ダムによって出来た若郷湖は紅葉のポイントでもある。 やがて痩せた岩尾根に出ると間もなく山頂が見えてくる。

[参考] マイカー利用時に、闇川登山口から上り桑原登山口に下り闇川登山口に戻る場合は、 会津鉄道を利用して「芦ノ牧温泉南」駅から「芦ノ牧温泉」駅まで行くと便利だろう。 「芦ノ牧温泉」駅から闇川登山口まで歩くと1時間30分ほど必要なので、タクシー利用が便利だろう。

長命水 沢を渡る 木道の損壊や滑落に注意
長命水 沢を渡る 木道の損壊や滑落に注意
赤ペンキを参考に沢を登る 根張りの目立つ急登 天狗の休み場
赤ペンキを参考に沢を登る 根張りの目立つ急登 天狗の休み場
アスナロの大木が目立つ アズマシャクナゲの名残り咲き 途中の眺め(小野岳と若郷湖)
アスナロの大木が目立つ アズマシャクナゲの名残り咲き 途中の眺め(小野岳と若郷湖)

このページのトップへ



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.