福島の山々 >> 北東部 >> 羽黒山 (345.8m)  
羽黒山信仰は東北を中心に多く見られ、福島県内では会津若松市や二本
松市、塙町にも羽黒山がある。ここにご紹介するのは相馬市の宮城県丸
森町との境界近くに位置する羽黒山。山頂には出羽神社があり古くから
周辺住民の信仰の場所になってきた歴史ある名山。戊辰戦争の時には、
「旗巻峠の戦い」と呼ばれる旧幕府軍(仙台藩、庄内藩、米沢藩)と新
政府軍による流血の激戦が付近一帯で繰り広げられた。

● 福島の山々 ・・・ 北東部の地図  登山ルート
● マピオン ・・・・ 羽黒山の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:青葉
● 市町村のサイト ・ 相馬市  宮城県丸森町
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
羽黒山
うつくしま百名山

    交通:JR常磐線「相馬」駅よりタクシー利用
マイカー:県道228号線(相馬大内線)の旗巻峠から南へ2km。(鳥居前に駐車スペースあり)
所要時間:鳥居(5分)山頂
他登山口:羽黒温泉近くにも登山口あり

旗巻峠付近には戊辰戦争の旗巻古戦場の案内板がある。時間があれば砲台跡や戦死塚を見学するのもよいだろう。 旗巻峠から南に延びる車道を2kmくらい進むと左手に参道入口が見えてくる。北側には鹿狼山の雄姿を望める。 旗巻峠からの車道は、ゴルフ場(天明カントリークラブ)の利用者の車が意外と多い。離合困難な箇所もあるので注意が必要。

旗巻古戦場の看板 案内板 旗巻峠(県道228号線)
旗巻古戦場の看板 案内板 旗巻峠(県道228号線)
鹿狼山 参道入口(振り返って) 看板と柱識
鹿狼山 参道入口(振り返って) 看板と柱識


出羽神社(羽黒大権現)の鳥居前には乗用車4〜5台くらいの駐車スペースがある。鳥居の左手には福島県側へ林道が延びる。次回は福島県側から登ってみたい。 鳥居をくぐり、アカマツやコナラの目立つ雑木林の中の参道を進む。 間もなく二岐に分かれるがどちらを選択しても山頂に至る。山頂には立派な出羽神社があり信仰の山としての歴史が感じられる。 神社の東側は木々が刈り払われており、梢の間より太平洋を少し望める。四等三角点は神社の裏手にある。 下りは往路とは別の道にする。山頂から階段を下って杉林の中を進む。まもなく右手に法華経一字一石供養塔がひっそりと佇んでいるのが見えてくる。 石地蔵には享保の文字が刻まれている。享保の飢きんで亡くなられた方を供養するものだろうか。

出羽神社の鳥居と駐車スペース 鳥居脇を福島県側へ延びる林道 参道
出羽神社の鳥居と駐車スペース 鳥居脇を福島県側へ延びる林道 参道
山頂の出羽神社 出羽神社由来の石碑 四等三角点
山頂の出羽神社 出羽神社由来の石碑 四等三角点
東側が開ける 太平洋を遠望 法華経一字一石供養塔
東側が開ける 太平洋を遠望 法華経一字一石供養塔



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.