福島の山々 >> 北東部 >> 高山 (1804.8m)  
西吾妻火山群や中吾妻火山群に比べて活動年代の新しい東吾妻火山群に
属する。黒々とした豊かな緑に覆われた円錐形の美しい山容が特徴的。
かつてはスキー場の建設が計画されたが反対運動で中止になったことで
知られる福島県における自然保護運動のシンボル的な存在のひとつ。土
湯温泉側からの健脚向けコースは、中腹付近はミズナラ、高度を上げる
とブナ、1500mくらいから山頂まではシラビソやコメツガなど優先
種の垂直分布を楽しめる。浄土平や兎平、鳥子平からのコースは手軽に
ハイキングを楽しめるので家族連れなどにもお勧め。

● 福島の山々 ・・・ 北東部の地図  登山ルート  放射線量マップ
● マピオン ・・・・ 高山の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:吾妻山 
● 気象庁 ・・・・・ 各火山の活動状況  防災情報  週間火山概況
            火山登山者向けの情報提供ページ
● 市町村のサイト ・ 福島市
● 観光協会等 ・・・ 福島市観光物産協会  吾妻高湯観光協会
            浄土平ビジターセンター  吾妻小舎
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
高山
日本百名山(吾妻山として) うつくしま百名山 会津百名山

    交通:JR東北本線「福島」駅より、福島交通バス「浄土平」または「鳥子平」下車
マイカー:鳥子平登山口にマイカー3〜4台程度の駐車スペースがある
所要時間:鳥子平登山口(40分)山頂
他登山口:兎平方面から、幕川温泉方面から、不動湯温泉・土湯温泉方面から
 山開き:毎年6月第1日曜日(吾妻山山開きとして)
     ※主催:福島民報社 (事業局事業部 024-531-4171)
     ※2008年より主催者が「吾妻山を守る会」から福島民報社に変更
     ※福島県内の山開き日程の一覧

鳥子平登山口 (登山口標高:約1600m、所要時間:山頂まで40分)

標高1800m余りの高山であるが磐梯吾妻スカイラインを利用し鳥子平登山口までマイカーを利用すると標高1600mからスタートできる。 登山口から50mほどで鳥子平の湿原。これから登る山頂部も間近に望める。 小さな湿原の中央部まで木道を歩くと三差路となっているので東側へ進む。高度を着実に稼いで40分ほどで大きな反射板が見えてきたら山頂である。 東には福島盆地や阿武隈山地、西には東吾妻山や東大巓、昭元山を望める。三等三角点は、北へ少し藪を漕いだ所にある。 三等三角点の周囲がきれいに刈りはらわれていたおかげで見つけ易かった。 9月中旬、湿原のツルコケモモや登山道沿いのマイヅルソウの赤い実が宝石のように美しい。

鳥子平登山口 鳥子平湿原から望む高山 ツルコケモモ
鳥子平登山口 鳥子平湿原から望む高山 ツルコケモモ
登山道 東吾妻山 マイヅルソウ
登山道 東吾妻山 マイヅルソウ
山頂 三等三角点 東吾妻山、東大巓、昭元山
山頂 三等三角点 東吾妻山、東大巓、昭元山

このページのトップへ

兎平 (登山口標高:約1600m、所要時間:山頂まで1時間10分)

兎平駐車場からスカイラインの車道を挟んで、吾妻小舎と兎平キャンプ場(兎平野営場)への入口がある。 兎平駐車場から吾妻小舎方面へ車道を横断し、 直ぐにスカイラインと並走する兎平キャンプ場内の登山道に入り、南下して鳥子平湿原を目指す。 30分ほどシラビソ林の中を歩くと鳥子平湿原。7月中旬、ワタスゲの白い果穂が風に心地よさそうにゆれている。 ここからは先述の鳥子平湿原からのコースを参照のこと。

[参考] ■浄土平にはトイレやレストハウス、ビジターセンターがあるので、浄土平駐車場を利用するのもよい。 ただし、駐車料金として乗用車の場合は410円が必要となる。 ■兎平近くには吾妻小屋が建っている。浄土平の喧騒とは対照的に静かに時間が流れる。 時間に余裕があればコーヒーでもいただいてはいかがだろうか。 ■桶沼も近い。五色沼(吾妻の瞳、魔女の瞳)同様、神秘的な雰囲気が漂う紺碧の美しい沼である。 ぜひとも立ち寄っていただきたい。

桶沼 兎平駐車場 兎平キャンプ場
桶沼 兎平駐車場 兎平キャンプ場
登山道 鳥子平湿原 ワタスゲの果穂
登山道 鳥子平湿原 ワタスゲの果穂

このページのトップへ

幕川温泉 (登山口標高:約1290m、所要時間:山頂まで2時間20分)
 幕滝遊歩道入口(17分)つばくろ橋(3分)幕滝(3分)つばくろ橋(1時間)麦平(50分)高山山頂

幕川温泉のすぐ手前に幕滝遊歩道の駐車場があるので車を止める。 ここから幕川温泉の方へ進むと水戸屋と吉倉屋の間に遊歩道入口があり、建物の裏手へ道が延びる。 ブナ林の中を緩やかに下っていくと「てんぷう橋」。 渡り終えるとサワグルミの群落。荒川に架かる「第一木橋」を左岸へ渡り、指道標に従ってガレ場を上っていく。 「この周辺で気象条件等により蒸気が噴出している場合がありますので、付近を通行する際は十分ご注意ください。(福島市観光課)」と書かれた 注意看板が設置されている。 少し硫黄臭がするので、臭気が強い場合は気を付けたい。 今度は「第二木橋」を右岸へ渡る。鳥居を潜ると「しらかば橋」。

[参考] 幕滝は落差30mで岩壁から浸み出した水が幾筋も見られる荘厳な雰囲気の滝。 「ふくしまの水30選」「うつくしま ふくしま水百選」に選定されている。 幕川温泉から幕滝まで遊歩道(幕滝遊歩道)がある。遊歩道の総延長は700mで橋が6箇所に設置されている。

駐車場 案内板 水戸屋と吉倉屋
駐車場 案内板 水戸屋と吉倉屋
幕滝遊歩道入口 てんぷう橋 サワグルミ
幕滝遊歩道入口 てんぷう橋 サワグルミ
第一木橋 第二木橋 しらかば橋
第一木橋 第二木橋 しらかば橋


しらかば橋を渡ると「幕川温泉地区自然観察路案内図」が設置されている。 麦平方面へはこのすぐ先にある「つばくろ橋」の手前右手の踏み跡を登っていくが、 その前に幕滝に立ち寄ることにする。 つばくろ橋を渡り鳥居を潜り右手に小滝を見送り進んでいくと「たきみ橋」。 濡れて滑り易いので注意したい。 登っていくと視界が開け幕滝の全貌が視界に飛び込んでくる。 荘厳な雰囲気を感じる名瀑。滝壺近くの展望台(滝見台)まで近寄ると滝壺がよく見える。 岩壁からも幾筋もの水が滴り落ちている。9月上旬、ダイモンジソウの花が見頃。

麦平コース分岐 案内図 つばくろ橋
麦平コース分岐 案内図 つばくろ橋
たきみ橋 幕滝 ダイモンジソウ
たきみ橋 幕滝 ダイモンジソウ


幕滝からつばくろ橋まで戻り、渡り終えた所から左手に延びる踏み跡を上っていく。 チシマザサに覆われ登山道は分かり難い(最新情報は要確認)。地図とコンパス、GPSなどを持参し道迷いのないように気を付けたい。 オオシラビソやブナ、ミズナラなどの大木に樹名板が付けられている。「ブナ・チシマザサ群落」と書かれた解説板も見られる。 さらに進むとキタゴヨウやコメツガ、オオシラビソも散見するようになる。 標高1440m付近には「オオシラビソ群落」と書かれた解説板が設置されている。その先のオオシラビソの木には熊の爪痕も見られる。 熊よけの鈴は必須である。つばくろ橋から1時間ほどで麦平に着く。 麦平手前の登山道もチシマザサに覆われて藪こぎに近い。夏場でも長袖がお勧め。 麦平は湿地が広がり頭上が開け気持がよい。高山山頂の反射板もよく見える。

笹に覆われた登山道 樹名板 ブナ二次林
笹に覆われた登山道 樹名板 ブナ二次林
コシアブラ コメツガ オオシラビソ
コシアブラ コメツガ オオシラビソ
熊の爪痕 笹に覆われた登山道(麦平手前) 麦平
熊の爪痕 笹に覆われた登山道(麦平手前) 麦平


湿地帯を荒らさないように踏み跡を進むと、右から土湯温泉からのコースを合わせる。 ここから進行方向が変わり北西方向に進んでいく。 幕川温泉からのコースと違い刈り払いされた登山道は少し滑り易いが藪こぎ不要で快適。 しだいに傾斜も急になってくるがオオシラビソの中の気持良い登山道である。 途中ニホンザルにも出合えたがカメラのピントが合わず残念。 山頂が近付くとオオシラビソの樹高も低くなり、東側に二本松市や福島市を望むことができる。

土湯温泉分岐 高山山頂を目指す 刈り払いされた登山道
土湯温泉分岐 高山山頂を目指す 刈り払いされた登山道
オオシラビソ林 ニホンザル 山頂から福島市中心部を望む
オオシラビソ林 ニホンザル 山頂から福島市中心部を望む

このページのトップへ

男沼林道・高山登山口 (登山口標高:約840m、所要時間:登山口から山頂まで3時間10分)
 ゲート(40分)高山登山口(10分)麦平分岐(20分)瀬峰(1時間50分)麦平(50分)高山山頂

土湯温泉街の荒川に架かる早乙女橋を渡り向瀧旅館の近くの細い車道を男沼・女沼・仁田沼方面へ上っていく。 途中まで「不動湯」の案内に従うと分かり易い。2kmほど進み男沼林道の男沼支線に分け入ると砂利道となる。 途中、ニホンカモシカ3頭を見かける。砂利道を1.3kmほど進むと男沼林道の本線と交錯する。 ここの十字路を右折するとすぐゲートが設置されている。ゲートは施錠されていないが、手前の駐車スペースに車を止めて男沼林道(本線)を歩き始める。ゲートの標高は660mほど。 九十九折りのカーブの箇所からは男沼を遠望できる。ゲートから3kmほど歩くと「高山入口」と書かれた手書き看板が建っている。 その先右手に高山登山口がある。ゲートからここの登山口までは歩いて40分ほどを要する。 植林されたものだろうか、赤松の目立つ登山道を登っていく。

[参考] 電車とバス利用の方は早乙女橋ではなく、少し上流の荒川大橋の方を渡り、 途中まで不動湯温泉への歩道を利用した方が時間を短縮できる。

土湯温泉街(早乙女橋から) ニホンカモシカ 男沼林道支線と本線の出合い
土湯温泉街(早乙女橋から) ニホンカモシカ 男沼林道支線と本線の出合い
ゲート 男沼林道 男沼
ゲート 男沼林道 男沼
手書き看板 高山登山口 赤松の目立つ登山道
手書き看板 高山登山口 赤松の目立つ登山道


登山口から10分ほどで麦平分岐。塩ノ川・的場川(ツバクロ滝)方面へ至る道を前方に見送り左へ入る。 瀬峰(三角点標高1024.7m)を目指して南西方向へ土塁に沿って登っていく。 ブナやミズナラ、ダケカンバが目立つ。 通称「ふんどし」とよばれる痩せ尾根になると、ブナの大木やツアー標識が目立つようになる。 灌木越しだが箕輪山の雄大な山容を望むことができる。 次第にミズナラは少なくなりブナとコメツガの混交林となるが、ミズナラの意地を見せるかのように、 標高1420m付近に一際見事なミズナラの巨木が一本佇んでいる。 標高1440m付近のガレ場を越えた辺りではクロベが目立つ。

麦平分岐 瀬峰への登り ブナの大木
麦平分岐 瀬峰への登り ブナの大木
ツアー標識 箕輪山、鬼面山を望む ダケカンバ林
ツアー標識 箕輪山、鬼面山を望む ダケカンバ林
ミズナラの巨木 ガレ場 クロベ
ミズナラの巨木 ガレ場 クロベ


標高1450m付近からはブナも見られなくなり、オオシラビソとコメツガの混交林となってくる。 マナー看板を過ぎて暫くすると高山山頂と山頂部に建っている反射板が見えてくる。 チシマザサが群生する平坦な登山道を少し進むと麦平に着く。湿地帯の南側からは先述の幕川温泉からの道を合わせる。 9月上旬、アヅマホシクサとエゾオヤマリンドウの花が見頃。

[参考] アヅマホシクサ(吾妻星草)は吾妻連峰の固有種(特産種)で、鎌沼でも見かけるが麦平の群生の方が圧巻ではないだろうか。

オオシラビソとコメツガの混交林 マナー看板 高山山頂部が見えてくる
オオシラビソとコメツガの混交林 マナー看板 高山山頂部が見えてくる
麦平 アヅマホシクサの群落 エゾオヤマリンドウ
麦平 アヅマホシクサの群落 エゾオヤマリンドウ
麦平全景(左) 麦平全景(中) 麦平全景(右)
麦平全景(左) 麦平全景(中) 麦平全景(右)



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.