福島の山々 >> 南東部 >> 高土山 (729.2m)  
古くは高鳥山ともいう。須賀川市の旧・長沼町のシンボル的な存在の藤
沼湖を東麓に擁する。藤沼湖は農業用水を確保するために昭和12年か
ら工事が始まり太平洋戦争を挟んで13年の歳月を費やして完成した人
造の貯水池である。かつては藤の木が群生する長い沼があり現在の長沼
という地名の由来になったといわれる。登山口近くには藤沼神社の立派
な本殿が建っているので時間が許せば参拝していただきたい。

● 福島の山々 ・・・ 南東部の地図  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 高土山の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:岩代長沼
● 市町村のサイト ・ 須賀川市
● 観光協会等 ・・・ 須賀川観光協会
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
高土山
うつくしま百名山

    交通:JR東北本線「須賀川」駅よりタクシー利用
マイカー:登山口近くに駐車場あり(林道のゲート手前にも駐車スペースあり)
所要時間:登山口(8分)林道(10分)第一展望台(15分)第二展望台(12分)山頂
  山開き:毎年4月第4日曜日
     ※問い合わせは、 長沼公民館(0248-67-2474)
     ※福島県内の山開き日程の一覧

高土山の南麓には藤沼湖自然公園があり、温泉施設の「やまゆり荘」をはじめ、 オートキャンプ場やコテージ、パークゴルフ場、バーベキュー広場など施設が充実している。 遊歩道も幾つか整備されているので、一泊してのんびり過ごすのもよいだろう。 家族やグループにお勧めである。 登山口近くの藤沼神社は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)祭神とし千年の由緒を誇る。 大雨の時に日光の自現太郎(示現太郎)が木花咲耶姫命を訪れ、去った後に大蛇の鱗を残すといわれる。

[追記 2017.05.01] 藤沼ダムは東日本大震災で決壊し下流に濁流が押し寄せ、7名が死亡。 今でも1名の方が行方不明になっている。 平成25年10月より復旧工事が始まり平成28年12月にダムの本体が完成し、 平成29年4月24日に7年ぶりに水の供給が再開した。 地域の復興に期待が持たれている。

管理センター 藤沼温泉 やまゆり荘 パークゴルフ場
管理センター 藤沼温泉 やまゆり荘 パークゴルフ場
多目的グランド 案内図 藤沼神社
多目的グランド 案内図 藤沼神社


藤沼湖の西側に登山口がある。近くには大きな駐車場があるので、マイカー利用も便利。 ここからビオトープの中を抜けて三世代交流館を右前方に見ながら砂利道登ってゆくと、 直ぐに右カーブとなり、登山道は左へ分かれる。 4月下旬、オオイヌノフグリとヒメオドリコソウが全盛。 三世代交流館は事前予約すれば宿泊も可能なので、 家族やグループで一昔前の生活を体験してみるのも楽しいだろう。

登山口 看板 ビオトープ
登山口 看板 ビオトープ
オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ 三世代交流館 砂利道を離れ左に分け入る
オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ 三世代交流館 砂利道を離れ左に分け入る


林道の中の登山道を5分ほど登ると舗装された林道に出合う。 左に30mほど登ると右手に木段があるので登って行く。 はじめは杉林の中の登山道だが間もなく尾根に取り付き、赤松の目立つ雑木林に変わる。 登山道には随所に指道標があるので初めてでも安心して歩ける。

杉林の中の登山道 林道に出合う 林道出合いから振り返って
杉林の中の登山道 林道に出合う 林道出合いから振り返って
林道登山口 杉林の中の登山道 尾根に取り付く
林道登山口 杉林の中の登山道 尾根に取り付く


尾根道は少々傾斜が急だが、中々雰囲気がよい。新緑や紅葉の時期に登るのもよいだろう。 4月下旬、登山道脇にはショウジョウバカマも可憐なピンクが点在する。 第一展望台からは藤沼湖方面の展望がある。 第一展望台から5分ほどで下山コース分岐。この辺にはカタクリの花が目立つ。

ショウジョウバカマ 第一展望台 丸太のベンチ
ショウジョウバカマ 第一展望台 丸太のベンチ
第一展望台からの眺望 下山コース分岐 カタクリ
第一展望台からの眺望 下山コース分岐 カタクリ


下山コース分岐を左に見送り直進して、ミズナラかコナラの目立つ雑木林の中を10分くらい登ると第二展望台。 こちらも第一展望台と同様に藤沼湖方面に展望がある。 第二展望台から12分ほどの急登を終えると山頂に至る。 白い大きな柱標が建っている。 山頂は雑木林に囲まれているが、こちらも藤沼湖方面に展望がある。 三角点は柱標が建っている山頂から北側に延びる踏み跡を100mほど行った所となる。

雑木林の快適な尾根道 第二展望台 丸太のベンチ
雑木林の快適な尾根道 第二展望台 丸太のベンチ
第二展望台からの眺望 指道標 山頂
第二展望台からの眺望 指道標 山頂
山頂からの眺望 北側の踏み跡 二等三角点
山頂からの眺望 北側の踏み跡 二等三角点


帰りはコース分岐点まで戻り、下山コースを下る。 4月下旬、キブシの淡い黄色の花が目立った。 コース分岐から5分足らずで舗装された林道に出合う。

下山コース分岐 下山コース キブシ
下山コース分岐 下山コース キブシ
林道が見えてくる 木段を下る 下山口を振り返って
林道が見えてくる 木段を下る 下山口を振り返って


林道を下り登山口を目指す。 振り返ると高土山の山頂部の眺めがよい。10分ほど舗装された林道を下るとゲートが見えてくる。 ゲートを過ぎると往路で登って行った木段。ここから先は往路を駐車場まで戻る。 ゲートの所には駐車スペースがあるので、時間を節約するにはマイカーをここに駐車するのがよいだろう。

林道を下る フキノトウ 高土山山頂を振り返る
林道を下る フキノトウ 高土山山頂を振り返る
ゲート 林道登山口(木段)を左に見送る 往路を戻る
ゲート 林道登山口(木段)を左に見送る 往路を戻る



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.