福島の山々 >> 北東部 >> 一切経山 (1948.8m)  
吾妻連峰の北東部に位置し、吾妻連峰の中では比較的形成年代が新しい
活火山。シラビソやコメツガの針葉樹林に覆われた黒々とした山々が多
い吾妻連峰の中にあって、岩礫で赤茶けた山容が印象的。南東側の中腹
には江戸時代の噴火で出来たとされる旧火口や、現在も噴気を上げてい
る大穴火口(八幡焼の噴気口)がある。ガレ山だけあって登山中の眺め
がよく、明るく開放的な登山が楽しめる。一切経山という名はその昔空
海和尚が山中に一切経を埋めたことに由来すると伝えられる。9月下旬
〜10月上旬の紅葉も綺麗。東麓にはレストハウスや浄土平ビジターセ
ンターがあるので登山の基点として活用したい。

● 福島の山々 ・・・ 北東部の地図はこちら  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 一切経山の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:吾妻山 
● 気象庁 ・・・・・ 各火山の活動状況  防災情報  週間火山概況
            火山登山者向けの情報提供ページ
● 市町村のサイト ・ 福島市  猪苗代町
● 観光協会等 ・・・ 福島市観光物産協会  吾妻高湯観光協会
            浄土平ビジターセンター  吾妻小舎
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
一切経山
日本百名山(吾妻山として) 日本三百名山 東北百名山 うつくしま百名山

    交通:JR「福島」駅より、福島交通バス利用「浄土平」下車
マイカー:磐梯吾妻スカイラインの浄土平駐車場(有料)を利用
     ※500m程南には30台程度駐車可能な兎平駐車場(無料)もある
所要時間:浄土平(1時間)山頂(30分)酸ヶ平/鎌沼(1時間)浄土平
他登山口:吾妻連峰縦走コース(西吾妻山東大巓方面から)や土湯温泉や幕川温泉に登山口がある高山、
     磐梯吾妻スカイラインの鳥子平に登山口がある東吾妻山、不動沢に登山口がある家形山からなど、
     様々なコースを選択できる
 山開き:毎年6月第1日曜日(吾妻山山開きとして)
     ※主催:福島民報社 事業局事業部(024-531-4171)
     ※2008年より主催者が「吾妻山を守る会」から福島民報社に変更
     ※福島県内の山開き日程の一覧

土湯峠より磐梯吾妻スカイラインを利用して浄土平(登山口)へ向かう。 磐梯吾妻スカイラインの総延長は29Kmで浄土平はその中間に位置する。 スカイライン途中の景色は「日本の道100選」に選ばれただけあって実にみごと。
※スカイラインは11月中旬〜4月下旬は通行止めとなるので注意してください。

[追記 2014.08.17] 磐梯吾妻スカイライン、磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークラインは、 2013年7月24日に償還終了し、通行無料(一般道)となっています。

土湯峠 バス停 「新奥の細道」の案内板
土湯峠 バス停 「新奥の細道」の案内板
磐梯吾妻スカイライン料金所 国見台より望む磐梯山 潮見台より望む安達太良連峰
磐梯吾妻スカイライン料金所 国見台より望む磐梯山 潮見台より望む安達太良連峰


浄土平(登山口)は標高1600m近くあり、そこからの登りと なるため2000m近い高山にしてはとても手軽に登山が楽しめる。 浄土平には大型駐車場やレストハウス、天文台、ビジターセンター等があり観光客で賑わう。 浄土平の喧騒をよそに駐車場南西側の登山口を目指す。

[追記 2009.7.19] 2008年11月より、本ページの往路でご紹介している浄土平からの直登コースは 大穴火口の噴気が強く二酸化硫黄や硫化水素などの火山性ガスが危険な為に通行止めとなっている。 迂回コース(酸ヶ平避難小屋からのコース)を利用のこと。(最新情報は要確認)

栂平より望む一切経山 栂平より望む浄土平 浄土平の登山口
栂平より望む一切経山 栂平より望む浄土平 浄土平の登山口


案内標識に従い旧火口や大穴火口(八幡焼けの噴気口)を見ながらザレた登山道を登る。 最初からの急登で汗を絞られるが、赤茶けたガレ場を旧火口上部付近まで登ると浄土平や吾妻小富士、桶沼の眺めがよい。 吾妻小富士はその名の通り富士山の様に美しい山容をしており、30分程で火口を一周(お鉢巡り)出来る。

[参考] 明治以降の主な噴火は、1888年(明治21年)の磐梯山の大爆発から5年後の1893年(明治26年)、 1950年(昭和25年)、1977年(昭和52年)の3回見られる。2000年には一切経山近くのスカイラインから外れた窪地で 火山性ガスによる死亡事故も発生している。常に気を抜けない活火山である。入山時には最新情報に気をつけたい。

ザレた道を登る 赤茶けたガレ場 旧火口と吾妻小富士
ザレた道を登る 赤茶けたガレ場 旧火口と吾妻小富士


ザレた山頂は広くなだらかで一等三角点と石積があるのみ。視界を遮るものは何もなく360°の大パノラマが展開し、 西吾妻山、昭元山、烏帽子山、東吾妻山、吾妻小富士などの吾妻連峰の山並みや蔵王連峰、安達太良連峰、磐梯山などの眺望が見事。 眼下には「吾妻の瞳(魔女の瞳)」と呼ばれる五色沼が神秘的なコバルトブルー色に水を湛えている。 「雷沼(かだちぬま)」ともいい、昔はこの沼で雨乞いが行われたようである。 体力と時間(1時間前後)に余裕があればここから家形山方面(縦走路)へ足を延ばしてみてもよい。

ザレた登山道(左奥が山頂) 山頂の石積「空気大感謝塔」 一等三角点(旧:本点)
ザレた登山道(左奥が山頂) 山頂の石積「空気大感謝塔」 一等三角点(旧:本点)
西吾妻山、昭元山 東吾妻山 家形山、吾妻の瞳 (五色沼)
西吾妻山、昭元山 東吾妻山 家形山、吾妻の瞳 (五色沼)


頂上から沢沿いに下ると酸ヶ平である。一帯が湿原となっており木道を歩く。 6月頃〜9月頃までは高山植物の花々で彩られるのでそれを楽しむリピーターも多い。 1999年に改築された酸ヶ平避難小屋もあるので悪天候の時には利用したい。しばらく歩くと形が 鎌に似ていることから名付けられたといわれる鎌沼に着くので、のんびりとお茶でも沸かして休みたい。 体力と時間(1時間前後)に余裕があればここから東吾妻山方面へ足を延ばしてみてもよい。

[追記 2006.7.30] 2005年、避難小屋の隣にトイレ棟が新築された。 簡易水洗式のエコトイレで快適。トイレ入口にはチップ投入口があり、一回100円程度の協力金を入れる。

酸ヶ平・鎌沼全景 酸ヶ平避難小屋 酸ヶ平から望む前大巓
酸ヶ平・鎌沼全景 酸ヶ平避難小屋 酸ヶ平から望む前大巓
酸ヶ平の池塘とワタスゲ 鎌沼と東吾妻山 姥ヶ原
酸ヶ平の池塘とワタスゲ 鎌沼と東吾妻山 姥ヶ原


今回ご紹介したコース周辺は標高1600〜2000mで亜高山帯に属し、 土壌も湿地、乾燥地、露岩帯と変化に富む為に多種多様な植物で彩られる。 6月下旬、兎平駐車場から登る栂平付近は、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、マイヅルソウ、コバイケイソウ。 浄土平から一切経山に登る途中の岩礫地には、イソツツジ、マルバシモツケ、アカモノ。 一切経山の中腹付近には、ミネヤナギ、クロマメノキ、イワカガミ。 酸ヶ平周辺では、ワタスゲやコバイケイソウ。鎌沼周辺には、チングルマや固有種のアヅマホシクサ。 蓬莱山の中腹付近では、ハクサンシャクナゲ、ムラサキヤシオツツジ、ミネザクラ、 ナナカマドなどが花を咲かせていた。

ゴゼンタチバナ 花期:6月中旬〜7月中旬 ツマトリソウ 花期:6月中旬〜7月中旬 マイヅルソウ 花期:6月中旬〜7月中旬
ゴゼンタチバナ ツマトリソウ マイヅルソウ
イソツツジ 花期:6月中旬〜7月上旬 マルバシモツケ 花期:6月下旬〜7月下旬 アカモノ 花期:6月下旬〜7月下旬
イソツツジ マルバシモツケ アカモノ
ミネヤナギ 花期:6月 クロマメノキ 花期:6月中旬〜7月中旬 イワカガミ 花期:6月〜7月
ミネヤナギ クロマメノキ イワカガミ
チングルマ 花期:6月上旬〜7月上旬 ミネザクラ 花期:6月 ハクサンシャクナゲ 花期:7月中旬前後
チングルマ ミネザクラ ハクサンシャクナゲ



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.