福島の山々 >> 北西部 >> 蒲生岳 (828m)  
悠々と流れる只見側に沿って国道252号線を金山町から只見町に入っ
て間もなく三角形の鋭峰が見えてくる。小さいながら地上から一気にせ
り上がったその姿から「会津のマッターホルン」又は「東北のマッター
ホルン」と称せられる名山の蒲生岳である。登山者垂涎の的ともいえる
蒲生岳だが、登山者でなくともその山容を見たら登高欲をかきたてられ
ることは間違いない。

● 福島の山々 ・・・ 北西部の地図  登山ルート
            読者からの登山情報など
● マピオン ・・・・ 蒲生岳の周辺地図
● 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:只見(北東) 
● 市町村のサイト ・ 只見町
● 観光協会等 ・・・ 只見町観光まちづくり協会
● その他 ・・・・・ 宿泊施設・旅行・観光  登山用品
            ガイドブック
蒲生岳
東北百名山 うつくしま百名山 会津百名山

    交通:JR只見線会津蒲生駅下車
マイカー:会津若松より国道252号線(沼田街道)会津蒲生駅近くに蒲生岳駐車場あり
所要時間:久保登山口(1時間20分)頂上
他登山口:宮原登山口、小蒲生登山口
     ※宮原登山道は2004年10月の新潟県中越地震で損傷し落石の恐れがあるため閉鎖され、
      2006年10月に久保登山道の西側に小蒲生登山道が新たに開設される。(最新情報に注意)
 山開き:毎年6月第1日曜日
     ※問合せ:只見町観光まちづくり協会(0241-82-5250)
     ※福島県内の山開き日程の一覧


只見川の流れに沿って走る国道252号線より一気にせり上がった迫力のある 個性的な山である。駐車場は会津蒲生駅近くの国道252号線沿いにある。国道を挟んで 斜め向かいにある集会所には登山客も利用できるトイレがある。 只見川は水力発電による水位の増減があるので川原遊びなど注意が必要。

只見川 蒲生岳駐車場 登山口へ
只見川 蒲生岳駐車場 登山口へ


会津蒲生駅の北側が久保登山口である。この駅は無人駅で本数も少ないので発着時刻 には注意のこと。 登山口手前にある上原清水は涸れることなく長い間地元の人々の生活用水として 利用されてきた貴重な水源である。登山口の案内板があるのでそれに従って 畑の間を通り雑木林の中へ入って行くと水路がある。水路に沿って二荒山神社まで歩きそこから登り始める。 地元の人々が保護・育成に努めているカタクリの群落(カタクリ公園)があり、4月下旬が見頃。

[ 追記 2022.11.05 ] 2011年7月の新潟・福島豪雨で大きな被害を受け不通となっていた JR只見線の会津川口駅〜只見駅区間が、10月1日、再開通した。上下分離方式での運行は地元負担も大きいが、 地元の利便性向上や観光客の増加により、沿線地域の活性化を後押しすることが期待される。

会津蒲生駅 上原(かんばら)清水 登山口のある雑木林の中へ
会津蒲生駅 上原(かんばら)清水 登山口のある雑木林の中へ


登り初めは雑木林の中であるが、しばらくすると岩場となる。 雨の日は非常に滑りやすいので、登山は避けた方が無難であろう。 頂上まで息もつけない急登であるが、高度を着実に稼げるのがうれしい。 一時間に一本くらいであろうか、只見線のディーゼル車の音が下から聞こえる。

20分程で雑木林を抜ける 滑りやすい岩の上を歩く 只見線
20分程で雑木林を抜ける 滑りやすい岩の上を歩く 只見線


中腹には松林がある。この辺から麓がよく見渡せるようになる。 逆に麓からも登っているのが見えるのではないだろうか。 仲良く寄り添うように生えている松は、なるほど夫婦松と呼ぶにふさわしい。寒風や自然環境の悪化に耐えぬいて大きくなって欲しい。

国道252号線 蒲生川 夫婦松
国道252号線 蒲生川 夫婦松


もうすぐ頂上。迫力ある山頂部の岩峰が眼前に迫ってくる。 埋め込まれた鉄筋を手掛かり足掛かりに滑りやすい岩場を登る。 慎重に登らなければならないが、蒲生岳登山の醍醐味とも言える。

山頂部の岩峰 鉄筋が手掛かりの急 切り立った岩壁
山頂部の岩峰 鉄筋が手掛かりの急登 切り立った岩壁


鼻毛通しとはユニークな名称であるが、その昔ここに生えていた松の枝が この穴から何本か出て鼻毛に似ていたことに由来する。 風穴は地元の人が30m程下までは降りたが、そこから先は不明となっている。

鼻毛通し 風穴 トラロープ頼りの最後の急登
鼻毛通し 風穴 トラロープ頼りの最後の急登


鋭鋒なので山頂はさぞかし狭いと思って登ると、想像した以上に広い。グループで登っても十分くつろげる広さである。 「蒲生岳山頂」と書かれた立派な柱標がある。眺めの素晴らしさは言うまでもない。

山頂の柱標 標高828m 思ったよりは広い山頂
山頂の柱標 標高828m 思ったよりは広い山頂


独立峰だけに360度の大パノラマが展開し、 今まで登ってきた山々やこれから登りたい山々など、会津の多くの山々に思いが巡る。

平石山方面 只見川 要害山
芝倉山と遠く会津朝日岳を望む 現燈山 鷲が倉山



山頂からの360度パノラマ展望シミュレーション (A4印刷対応はこちら



copyright     Initialized : January, 2008.